放課後等デイサービスとは

主に6歳から18歳の障害のある児童を対象として、放課後や夏休み等長期休業日に生活能力向上のための訓練および社会との交流促進等を継続的に提供するところです。

利用に際して利用に際して療育手帳や身体障害者手帳は必須では有りません。自治体が発行している受給者証の取得で利用できます。

月額の利用料は原則として1割が自己負担で、残りのうち国が2分の1負担、都道府県と基礎自治体が各4分の1を負担する(所得により上限があり、自治体独自の補助を設けている場合もある)。